FAQ

よくあるご質問

カテゴリから探す

百貨店eMP全般関連

「百貨店eマーケットプレイス」とは何ですか?

百貨店様と取引先様とが、インターネットを経由して情報を交換する、共通の電子的基盤(プラットフォーム)です。

サービスメニューには、どのようなものがありますか?

現在、「情報提供サービス」と「メッセージ交換サービス」をご用意しております。

「eマーケットプレイス」というと電子調達のイメージがありますが、百貨店eMPでそのようなサービスを提供する予定はありますか?

現在のところ予定はしておりませんが、ユーザーの皆さまからのご要望に応じて、必要があれば検討させていただきたいと思います。

最も基本的なサービス範囲は、何ですか?

情報提供サービスもしくはメッセージ交換サービスいずれかのサービス1ID分が、基本サービスの範囲となります。さらにIDが必要な場合や両サービスをお使いになる場合は、IDの追加取得が必要になります。詳しくは、料金体系をご覧ください。

すべてのサービスを利用するつもりはないのですが、全サービスを利用する義務があるのですか?

基本サービスである情報提供サービスまたはメッセージ交換サービスのいずれかについてはご利用いただくことになりますが、その他サービスについてのご利用は自由です。

オプションサービスとは、何ですか?

オプションサービスは、基本料金には含まれないサービスのことです。各サービスごとに利用料金が設定されることとなります。

参加百貨店は何社ですか?

現在16百貨店が参加しております。今後50社の参加を目標にします。

既存のVANサービスやASPサービスと何が違うのですか?

サービスの提供形態は既存のVANサービスやASPサービスと同じですが、百貨店eMPは百貨店様と取引先様とのコラボレーションを活性化し、SCMを強化するという目標を掲げて、サービス面・料金面で特化した取り組みを行っております。 サービス内容は、サービス提供会社の判断だけで決めるのではなく、ユーザー様と一緒に決めていく体制を整え、常にサービスの充実を図ります。料金面でも、百貨店様と取引先様とが利用しやすい料金体系を目指しております。

現在VANサービスを利用しているのですが、百貨店eMPに加入する場合、それを止めなくてはいけないのですか?

百貨店eMPは、料金面でも非常に優位性の高いサービスですので、移行していただければメリットも大きいと考えております。もし現在お持ちのシステム環境を変更することが困難な場合は、個別にご相談にのらせていただきます。なお、PCご利用の方につきましては、現在加入されているプロバイダーをそのまま継続使用していただけます。

情報提供サービス関連

「情報提供サービス」とは、どのようなサービスですか?

百貨店の毎日の売上・仕入データと、毎月の支払案内データをWebで閲覧できるサービスです。

情報提供サービスを利用することで、どのようなメリットがありますか?

取引先様側では、納品データと支払データの照合業務を効率化することが可能になります。また、データをCSV形式でダウンロードできるので、Excelなどで2次加工をすることができます。

どのような手順で、各情報を閲覧するのですか?

利用者が入力した検索条件に基づいて、データが表示されます。検索条件としては、百貨店グループ名、店舗名、年月日、伝票番号などがあります。

消化仕入の情報を取得することはできますか?

はい。仕入情報では消化仕入を分類して表示しています。

各データの保存期間はどのぐらいですか?

売上データは13ヶ月間、仕入データと支払案内データは6ヶ月間保存しています。

検索画面などで使われる「百貨店グループ」とは、どういう意味ですか?

基本的な概念は、各法人単位で付与されている日本百貨店協会のコードをまとめたものが、百貨店グループの定義です。例えば高島屋様では、高島屋やジェイアール東海高島屋といった概念(百貨店コードのレベル)があり、それら法人をさらにまとめた単位が百貨店グループです。 なお、高島屋様につきましても、ジェイアール東海高島屋様を含めた情報が閲覧可能です。 詳しくはヘルプデスクまでご確認ください。

閲覧百貨店数によって追加料金が発生するとありますが、それは店舗数ということですか?

いいえ、店舗数ではありません。閲覧百貨店数とは、百貨店グループの数に相当します。1つの百貨店グループ内に店舗数がいくつあっても、追加料金には関係ありません。 なお、閲覧百貨店数による追加料金につきましては、料金体系をご覧ください。

情報提供サービスが開始されると、現状の支払案内書の送付は廃止されてしまうのですか?

現在のところは、現状の支払案内書の送付は継続されますが、百貨店側はペーパーレス化を推進して行きます。

単品レベルの情報が閲覧できるのですか?

情報提供サービスでは、単品レベルの情報は閲覧できません。百貨店単位、売場単位、ブランド単位、取引条件単位でのサマリーされたデータとなります。 単品レベルの情報が必要な場合、メッセージ交換サービスをご利用いただくことで可能になります。

在庫情報は閲覧できますか?

在庫情報の提供は、しておりません。

売上情報は、売場全体の情報も閲覧できるのですか?

いいえ、できません。共通取引先コードにもとづく、自社の売上情報のみ閲覧可能です。

売上情報は、どのレベルの情報まで閲覧できるのですか?

売場単位、ブランド単位、取引条件単位のレベルまでのデータが閲覧可能です。

各支店毎に共通取引先コードを取得しているのですが、その場合でも全支店のデータをひとまとめにして閲覧することはできますか?

いいえ、できません。情報提供サービスでは、共通取引先コードをキーとしてセキュリティ管理を行っているため、共通取引先コード単位での情報閲覧となります。 ただし、百貨店にご相談いただければ、1つにまとめることも可能です。

支払案内情報も、百貨店グループで集約されて表示されるのですか?

いいえ、支払案内情報に関しては現行の出力単位での表示となります。

支払案内情報は、締め日後いつから閲覧可能になりますか?

各百貨店様によって異なりますので、詳細は百貨店様へお問い合わせください。

メッセージ交換サービス関連

「メッセージ交換サービス」とは、どのようなサービスですか?

百貨店様と取引先様との間で、データ交換(EDI)を実現するサービスです。 HOST接続タイプとWeb接続(インターネット利用)タイプの2通りの利用パターンがあり、各種プロトコルの違いなどを気にしていただくことなく、また多額のシステム投資をすることなくデータ交換が行えます。

メッセージ交換サービスのイメージが掴めないのですが、電子メールのようなものと考えればよいのですか?

電子メールとは違って、メッセージ交換は百貨店様と取引先様との間でやり取りされる受発注や出荷案内などの帳票データを電子化し、インターネットを活用して送受信するサービスです。

メッセージ交換サービスを利用することで、どのようなメリットがありますか?

EDIシステムを構築するために従来のように多額の投資をしなくても、EDIデータ交換が可能となります。また、VANサービスと比較しても、ランニングコストを大きく抑えることができます。

現段階では EDI を実施していないのですが、それでもメッセージ交換サービスを利用できますか?

もちろん、ご利用いただけます。Web-EDI 機能がありますので、インターネットに接続できる環境さえご用意いただければ、メッセージ交換サービスをお使いいただけます。

百貨店eMP推奨メッセージとは、どのようなものですか?

メッセージ交換サービスをご利用いただくにあたり、使用を推奨しているメッセージです。流通標準EDI(JEDICOS)や繊維業界標準メッセージ(RA標準コード)、JAIC固定長を基に作成しているメッセージで、これまでの標準化へ向けた取り組みの成果を踏まえたものとなっています。 この推奨メッセージをお使いいただければ、最も安価にメッセージ交換サービスをご利用いただけます。

交換できるメッセージには、どのような種類のものがありますか?

納品提案メッセージ、発注メッセージ、出荷案内メッセージ、検品結果メッセージ、買掛支払メッセージ、売上メッセージ、在庫メッセージ、店別商品マスタメッセージ、商品カタログ、取引条件メッセージ、EOS発注メッセージ、納品確定メッセージ、レシート単位売上メッセージ、ギフト定番売上メッセージの全14種類をご用意しております。

どのようなプロトコルに対応しているのですか?

通信プロトコルとしては、インターネットEDIプロトコル(JX、AS2、ebXML)、SFTPに対応しています。 データプロトコルとしては、CII、EDIFACT、固定長、CSV(Webのみ)、Excel(Webのみ)に対応しています。 また、標準メッセージとしては、百貨店eMP推奨メッセージのほかに、JEDICOS、繊維標準メッセージ、JAIC固定長に対応可能です。

インターネットEDIプロトコルとは何ですか?

インターネット経由でシステム間のデータ交換(EDI)を実現する通信プロトコルで、 デジタル署名と暗号化によって安全性を確保します。インターネットEDIプロトコルに対応した規格にはJX、AS2、ebXMLがありますが、 百貨店eMPではJX、AS2、ebXMLに対応します。詳しくはこちらをご覧ください。

従量課金分は、具体的に何に基づいた従量課金なのですか?

送受信データ量(バイト数)による従量課金です。詳しくは、 料金体系をご覧ください。

現在、納品時には注文伝票が必要なのですが、この取り扱いも電子データになりますか?

百貨店様とのデータ交換の電子化を進めていくうえで、注文情報についても今後電子化していく予定です。

料金関連

百貨店データ料というのは、いくらかかるのですか?

お手数ですが、各百貨店へお問い合わせください。

百貨店データ料は、基本料金に含まれないのですか?

含まれません。別扱いとなります。

基本料金は、会社単位での課金ですか、それとも共通取引先コード単位ですか?

共通取引先コード単位でのお申し込み、基本料金課金となります。

登録内容変更料は、具体的にどのような場合に必要となるのですか?

基本登録内容のうち、利用サービス内容を変更する場合、IDを削除する場合(解約の場合は除きます)、情報提供サービスで閲覧する百貨店を変更する場合です。

お申し込み関連

申込書はどうやって提出するのですか?

本ウェブサイトから申込書をダウンロード(PDF形式)し、プリントアウトして必要事項をご記入のうえ、百貨店eMPヘルプデスクまで郵送にてご送付ください。ヘルプデスクにて内容を確認し、不明な点などありました場合にはご連絡させていただきます。 詳細は、こちらをご覧ください。

申し込み時に、情報開示申込書というものも送らなければならないのですか? また、それはどこへ送るのですか?

百貨店eMPの新規加入申込書とは別に、情報閲覧を希望する百貨店に、データ提供申込書をお送りいただく必要があります。こちらは、百貨店eMPヘルプデスクではなく、各百貨店担当窓口へ直接お送りください。 なお、情報開示申込書の取り交わしが終了していなくても、情報提供サービスのご利用開始日は、ルール通り毎月1日からとなります。

加入を考えていますが、無料お試し期間のようなものはありますか?

申し訳ありませんが、設定などの費用がかかってしまうために、ご用意しておりません。ただ、デモ用のIDをご用意する予定ですので、そちらをご利用いただいくことは可能となります。

事業所が異なっているのですが、各事業所毎に申し込む必要があるのですか?

各事業所毎に共通取引先コードが異なっている場合は、別々に申し込んでいただく必要があります。共通取引先コードが同じ場合は、必要によりIDを追加取得するだけでご利用いただけます。詳しくは、こちらをご覧ください。

申し込んでから何日ぐらいでサービス利用可能となりますか?

情報提供サービスの場合、原則として毎月15日までにお申し込みいただければ、翌月1日からご利用可能となります。16日以降になった場合には、翌々月1日からご利用可能となります。 なお、メッセージ交換サービスの場合、ご利用開始前に個別の打ち合わせや設定が必須となりますので、ご利用可能になるまでの日数はユーザー様ごとに異なります。ご了承ください。 詳しくは、こちらをご覧ください。

利用環境関連

加入を検討していますが、事前にどのような準備が必要ですか?

PCをご利用の場合は、サービスメニューにて掲載しております推奨PCと、インターネットへの接続環境をご用意いただく必要があります。また、流通システム開発センターで管理している共通取引先コードを取得されていない場合、そちらも併せて必要となります。

共通取引先コードを取得する必要があるとのことですが、なぜ必要なのですか?

情報提供サービスで、共通取引先コードをキーとしてセキュリティ管理を行っているためです。共通取引先コードに対応して各百貨店からの情報を開示する仕組みとなっているため、必須となっています。 また、メッセージ交換サービスでも、利用者を特定化するために必要となります。

現在利用しているPCのスペックが、推奨スペックに書かれている基準を満たしていないのですが、動作は大丈夫でしょうか?

基本的には、推奨スペックとして明記されているもの以上のスペックを持ったPCをお使いいただければ、問題無く動作します。ただし、あくまで推奨スペックですので、それよりスペックが劣っていたとしても通常は特に動作上の問題は発生しないと思われます。 もし迷われた場合は、百貨店eMPヘルプデスクまでお気軽にご相談ください。

インターネット接続に利用する回線は、ADSLでも大丈夫ですか?

はい、ADSLでも問題なくお使いいただけます。